南の美ら花ホテルミヤヒラ【公式】
TEL:0980-82-6111
日本語
English
한국어
中文繁體
中文简体
  1. 南の美ら花ホテルミヤヒラ
  2. 客室
  3. いつ世の間(東館)

FOREVER ROOMいつ世の間

  • いつ世の間
  • いつ世の間
  • いつ世の間
  • いつ世の間
  • いつ世の間
  • いつ世の間
  • いつ世の間
  • いつ世の間
  • いつ世の間
  • いつ世の間
収容人数 2~4名 床面積 42m² ベッド 天蓋付きベッド 
シモンズベッド110cm×200cm 2台
ソファベッド100cm×200cm 2台

いつの世の間の楽しみ方

八重山諸島には、とてもロマンティックな伝統工芸品があります。それが「八重山ミンサー」です。
「八重山ミンサー」とは、石垣市、竹富町で織られ、素材が木綿。
織物の柄に入っている、五つと四つの柄には、「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永」。
そして周りのムカデの足の様な模様は、「足しげくおいでください」という、意味が込められている。
昔の通い婚の頃の風習が反映されているそうです。

また、帯を作り上げる過程において、藍色を何度も何度も重ねて染めることで、「愛を重ねる」という意味も込められていると。

この「八重山ミンサー」は女性から、愛する男性に贈る、ロマンティックな織物なのです。

現代の様に、電子文字に載せて「好き」と伝える事が出来なかった時代。
次はいつ会えるのか、分からなかった、そんな時代。
「愛する人」といつまでも一緒にいたい、という素敵な思いが込められているのです。

八重山ミンサーをテーマにしたお部屋です。

「いつ世の間」は、八重山ミンサーをテーマにしたお部屋です。
お部屋の中には、様々な場所に八重山ミンサーが飾られており、ゆったりした時間と共に、伝統工芸品を楽しんで頂けます。

お部屋の照明シェードにも、八重山ミンサーが施されています。

お部屋の照明シェードにも、八重山ミンサーが施されています。
特注なので、「いつ世の間」でのみご覧いただけます。

八重山諸島に関する書籍もお部屋にご用意しております

八重山諸島に関する書籍もお部屋にご用意しておりますので、昼間は八重山諸島で存分に遊び、夜は歴史に触れるのもいいのではないでしょうか?

アメニティ

アメニティ
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 部屋着
  • ソーイングセット
  • 加湿機能付空気清浄機
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディソープ
  • ボディスポンジ
  • フェイス&手洗いソープ
  • 歯ブラシ
  • レザー
  • ヘアブラシ
  • コットン
  • 綿棒
  • ヘアクリップ
  • ヘアドライヤー
  • ミネラルウォーター